カードローンランキング

銀行カードローンと消費者金融の違いに関するコラム

カードローンは、銀行カードローンと消費者金融、俗にいう「サラ金」のカードローンがあります。最近は消費者金融が銀行のグループ会社になっていることもあり、「銀行系」という言葉が生まれてしまったために、銀行カードローンと消費者金融のカードローン違いがわかりにくくなってしまっているようですが、もちろんこの2つは「銀行が提供しているもの」と「消費者金融が提供しているもの」ですから、全く違います。

 

融資限度額は「銀行>消費者金融」

「借りられる額」の柔軟さは銀行のほうが上です。もともと融資限度額が高めなことに加え、総量規制の対象にもならないからです。総量規制とは、消費者金融等からの借入に対して「年収の3分の1まで」と上限を設けている制度のことですが、銀行カードローンではこの制限がないのです。
ただし、融資限度額はあくまでも返済能力に応じて設定されるものですから、誰でも最高限度額まで借りられるということではありません。

 

金利は「銀行<消費者金融」

これも銀行カードローンのメリットの1です。比べてみるとわかりますが、特に最低金利については、かなりの違いがあります。

 

一般的なイメージも「銀行>消費者金融」

消費者金融で借りているというより、銀行で借りているというほうが、身内にも周囲にも印象がいいのは確かです。もちろん、返済をきちんと行なっていれば、どちらも信用情報的に悪印象になることはないと思いますが、例えば、配偶者に知られた時のことなどを考えると、銀行カードローンを利用していたほうが安全かもしれませんね。

おすすめカードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム



SMBCモビット

モビット


レディースローンおすすめNo.1

プロミス

プロミス

プロミス