カードローンランキング

クレジットヒストリーに関する様々なコラム集

銀行カードローンを利用する前に、その審査条件や、利用後の別ローン利用について情報を集めてみると「クレジットヒストリー」についての事柄がでてきます。
クレジットヒストリーというのは、直訳すると「信用履歴」。簡単にいえば、「信用をもとに融資を受けた」過去と現在の情報のことで、銀行や消費者金融での借入はもちろん、クレジットカードの利用についても記録されています。
このクレジットヒストリー、通称「クレヒス」は、信用情報機関に照会することで確認することができます。そしてこれを、銀行カードローンの保証会社は、申し込み者の返済能力を審査するために利用し、銀行カードローンを使用した記録もまた、クレヒスに残るというわけです。

 

優良クレヒスはカードローンの審査が有利に

信用情報については「ブラックリスト」という言い方のほうが馴染みのある方も多いかもしれません。ブラックリストとは、実際にそういうリストがあるわけではなく、クレヒスに「事故情報」がのっているということを指します。
銀行カードローンの利用がクレヒスに残っていたとしても、「ブラックリストにのっている」状態ではなく、毎回きちんと返済されているのであれば、他のローンに申し込みを行なう場合にも有利になりこそすれ、マイナスになることはありません。

 

返済遅れも信用情報には記録される

ところが、クレヒスにブラック要素が記載されることになると、一転、他のローンの審査には通りにくくなってしまいます。また、ブラックというと自己破産のような大きな債務問題を抱えている場合の記録のみ、というイメージもあるかもしれませんが、「返済期日に遅れてしまった」といった場合にもマイナスの記録となります。

 

銀行カードローンを利用するとクレヒスはどうなる?

「銀行カードを利用した」という過去があるだけで、審査の厳しい目的別ローン等の審査に差しさわるか、ということですが、優良利用のみの記録であれば、問題になることはまずないと考えて大丈夫です。

 

→クレヒスならアコムのマスターカードで積めるよ

おすすめカードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム



SMBCモビット

モビット


レディースローンおすすめNo.1

プロミス

プロミス

プロミス