カードローンランキング

配偶者貸付という方法を知ってしますか?

配偶者の名義を勝手に使いカードローンを・・・そんなことできるのでしょうか?そもそもそんなことして良いのでしょうか?

 

利便性の高さから年齢を問わず支持されているカードローンですが、借金をすることをあまり人には知られたくないですよね?周囲にばれずに利用している、そんな人も中にはいるのではないでしょうか?実際、周囲にばれずにカードローンを利用することは案外簡単です。それも利便性の高さの1つでもある訳ですが、ではこんな方法はどうなのでしょうか?「配偶者の名義を勝手に使いカードローンを…」こんなことが可能なのか、早速見ていきましょう。

 

配偶者名義でのカードローン

 

配偶者の名義で勝手にカードローンを利用する、こんなことができるのか?実は可能なんです。幾つか障害となりそうなものも今では簡単にクリアすることができます。例えば在籍確認ですが、一部の消費者金融では収入証明書や社員証を提出すれば省くことができます。

 

また、契約したことによって郵送される郵便物も「ペーパーレス契約」で防ぐことができますし、そもそもカードローンの郵便物には金融機関の社名が記載されていないため、外から見た限りではカードローンの郵便物と判断することはできません。さらに、ほとんどの消費者金融では即日融資も可能なので、申込を行ったその日には借入まで済ませてしまえます。このことから案外簡単にできることが分かりますよね?しかしおすすめできるものではありません。できれば止めたほうが賢明です。
なぜなら、配偶者の方が「勝手に名義を使われた!」と警察に被害届を出せば、例え家族間のことであっても立派な犯罪になってしまうからです。それに、もしも返済できなくなってしまったらどうしますか?このような場合には名義を使われた本人に返済義務はありません。当然、金融機関側から特別な便宜などが図られることもありません。最悪のケース、それが原因で離婚などに陥ってしまったらどうしますか?借金を完済する自信がありますか?もう一度言いますが、止めた方が賢明です。

 

配偶者貸付を行う

 

どうしてもカードローンを利用したいと言うのなら真っ当な方法で利用しましょう。配偶者貸付という方法を知っていますか?これは自分の年収と配偶者の方の年収を合わせた総額年収でカードローンを利用できるというもので、より多くの限度額を望む方などにおすめの方法なのですが、この方法の優れているところはどちらかの年収が0円であっても合わせた総額年収で、つまり配偶者の方の年収でカードローンを利用できるということなのです。
そのため専業主婦の方などでも利用することができ、言わば配偶者の名義でカードローンを利用するようなものなのです。配偶者貸付を行うには配偶者の方の収入証明書と婚姻関係を証明する書類、それと同意書が必要になります。当然配偶者貸付ならば罪に問われることはないでしょう。ただ、配偶者貸付に対応している金融機関はあまり多くないので注意してください。

 

パートやアルバイトを始めてみる・まとめ

もう1度言いますが、勝手に名義を使うのは例え家族間のことであろうとも立派な犯罪です。配偶者の方の年収に頼るのであれば配偶者貸付を行いましょう。しか本当におすすめの方法はアルバイトやパートを始めてみるということです。カードローンの審査は収入が安定していれば通過の可能性があります。収入の多さではないのです。
そのため、パートやアルバイト、派遣職といった非正規雇用の職業であっても利用することができるのです。先程も言いましたが、配偶者貸付に対応している金融機関は決して多くはありません。どの金融機関も利用者本人に収入があることを求めるからです。そういったことを考慮すれば自ら収入を得ている方が賢明です。それに、パートやアルバイトを始めたことによってカードローンを利用する必要がなくなるかもしれませんよね?正しい方法で、正しい使い方で、カードローンを有効活用してください。

おすすめカードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム



SMBCモビット

モビット


レディースローンおすすめNo.1

プロミス

プロミス

プロミス