カードローンランキング

審査すら始まらないケースを知っていますか?

「審査に通らない!」そんな経験はありませんか?カードローンを利用するには審査に通過しなくてはいけませんが、どうしても通過できないという人も中にはいるでしょう。そこで今回は審査に通過できない原因を幾つか紹介します。もしも当てはまるものがあったら、これを参考に改善してみてください。

 

審査すら始まらないケース

 

カードローンには審査があります。審査に通過すればカードローンを利用することができ、通過しなければ当然利用することはできません。カードローンの利用の中で誰もがこの審査に不安を抱きます。「自分は通過できないのではないか?」つまりカードローンを利用できなかった人とは審査に通過できなかった人のことです。しかしこれは間違っています。実は、審査すら始まらずにカードローン利用を断念せざるを得ないという人も中にはいるのです。

 

年収が少な過ぎる人

 

カードローンが支持され続けている理由の1つに年収の多さを求めないからという理由があります。金融機関は年収の多さよりも安定しているかどうかを求めます。なぜなら返済してもらわなくては困るからです。金融機関もカードローンをビジネスとして行っています。当然、慈善事業などではありません。カードローンは返済時に同時に支払われる利息を元に利益を生み出しています。利息が支払われなければ利益さえ出ないのに、貸したお金すら返ってこなくては元も子もありませんよね?例え年収が多くても安定していなければ数ヶ月先の収入も分かりません。そして収入がなければ当然返済などできる訳がありません。
このような理由から金融機関は年収の多さではなく安定しているかどうかを1つの基準としているのです。だからこそ年収が少ない人でも、またパートやアルバイト、派遣社員などのような非正規雇用の方でもカードローンを利用することができるのです。しかし、年収の少なさに限度があることも確かです。いくら安定していても毎月の収入が1万円などでは返済などでませんよね?そのため年収が少な過ぎると判断された場合には、審査すら始まらずカードローン利用を断念せざるを得ないのです。

 

勤続年数が短過ぎる人

 

収入が安定していれば審査通過の可能性があること、しかし少な過ぎてもいけないことはもう分かりましたよね?しかしその安定が何によって判断されるか分かりますか?それは勤続年数です。勤続年数が長ければ安定していると判断されます。反対に勤続年数が短過ぎる人は安定していると判断されないことがほとんどです。
そのため短過ぎる勤続年数が原因で審査が始まらないこともあるのです。これは正規雇用も非正規雇用も同様です。少なくとも半年?1年以上は欲しいところです。

 

職業が自営業やフリーランスの人

 

基本カードローンは利用者を職業で区分することはありません。正規雇用はもちろん、パートやアルバイト、派遣社員のような非正規雇用の方でも利用することはできます。しかし圧倒的に審査に不利な職業があります。それは自営業やフリーランスといった職業です。なぜでしょうか?理由は簡単です。安定していないからです。何度も言いますが、安定が最も重要な要素です。
確かに自営業やフリーランスなどの職業は多額の収入を得る可能性を大いに秘めています。成功すれば正規雇用の方の何倍もの収入を得られることもあるでしょう。しかしそれは成功したらの話です。そして成功する可能性は限りなく低いです。何より安定していません。翌月にも必ず仕事があるなどという保証はどこにもありませんよね?金融機関が好む人はごく稀に多額の収入を得られる人ではなく決して多くない収入でも毎月安定して得られる人です。自営業やフリーランスではこの条件を満たせませんよね?そのため、審査すら始まらないこともあるのです。

 

しかし安定して収入を得られるようになると通過する可能性も出てきます。さらにその状態が一定以上継続していれば通過の可能性は十分にあります。因みに、日雇いや水商売などはどんなに継続していても通過する可能性はほぼありません。理由としてやはり安定していないからが挙げられます。

 

信用情報にトラブル記録がある人

 

滞納や債務整理を行うとその事が信用情報に記録されてしまいます。このような記録のことをトラブル記録などと呼び、この記録がある限り審査に通過することができなくなってしまいます。所謂ブラックリスト入りの状態だと考えてください。ただ、滞納のトラブル記録には2カ月未満の滞納を示す「遅延」と2カ月以上の滞納を示す「異動」の2種類があり、後者の記録に限りブラックリスト入りの状態を示しています。

 

しかし債務整理に関してはどれも重大なトラブル記録として記録されてしまいます。これらの記録は最低でも5年間残り続けます。つまり5年間はカードローンを利用することができないのです。さらに行った債務整理が個人再生や自己破産になると最長で10年、抹消されることはありません。信用情報はカードローン以外にも住宅ローンや自動車ローン、クレジットカード作成などの審査の際にも参考となるものですので、カードローン以外にも利用できないサービスが増えてしまうことになるのです。

 

申込ブラックの人

 

信用情報に記録されるのは滞納や債務整理ばかりではありません。カードローンの申込を行った時点で、その事が信用情報に記録されます。そして短期間に複数の申込記録があると審査に通過できなくなってしまいます。この状態を申込ブラックと呼び、こちらも所謂ブラックリスト入りの状態だと言えます。
なぜ申込記録が複数あるだけで審査に通過できなくなってしまうのかと言うと、その記録を見て金融機関はこう思うからです。「こんなに申込をするなんて、よほどお金がないに違いない」金融機関は返済されない可能性を示唆してブラックリスト入りの状態にしてしまうのです。

 

スーパーホワイトの人

 

スーパーホワイトとは過去に1度もカードローンやローンを利用したことがない人のことを言います。つまり信用情報が真っ白の人です。真っ白の信用情報にはトラブル記録や申込記録は残っていません。しかし、カードローンやローンを利用したことがないため返済を行った記録もありません。返済を行った記録がないとその人が返済をしっかりと行なう人がどうか分かりません。つまり信用できないのです。
しかしスーパーホワイトが原因で審査が始まらないケースはごく稀です。大した問題ではないでしょう。因みに、スーパーホワイトの人は低い限度額から借入を行うことになります。信用がないからです。ただし、定期的に借り入れ、遅延にも気をつけていれば限度額は増額することができるのでそれほど大きな問題でもありません。

 

遅延、借り過ぎに注意!・まとめ

審査すら始まらない、そんなケースについて少しでも分かっていただけたでしょうか?ここに記述したことが審査通過を妨げている主な原因と言えます。通過できない人にも何かしらの改善点はあるはずです。改善できることから始めてみましょう。
ただ、審査通過後も安心してはいけません。長期の遅延をしてしまったり、借り過ぎてしまったり、そんなことが続けば突然利用停止になってしまうこともあります。便利だからと言ってむやみやたらと利用するのはおすすめできません。必要最低限の金額だけを借り入れ、返済日は必ず守るように心がけましょう。

おすすめカードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム



SMBCモビット

モビット


レディースローンおすすめNo.1

プロミス

プロミス

プロミス