カードローンランキング

通常のカードローンと学生ローンではどちらの方が良いのでしょうか?

学生のキャッシング

 

フリーローンのカードローンは事業資金に充てない限り、原則何に使っても良いためお金が足りないなどという時に非常に役立ちます。特に、何かとお金を使うことの多い学生などには有難いものなのではないでしょうか?しかし、そもそも学生がカードローンを利用することなどできるのでしょうか?仕事に就いていなければ無理なのではないのでしょうか?今回は学生のカードローンについて見ていきます。

 

学生のカードローン利用

 

カードローンを利用する人と言えば社会人という印象はありませんか?例えば一昔前まで消費者金融が何と呼ばれていたか知っていますか?消費者金融はサラ金と呼ばれていました。きっと今でも「消費者金融=サラ金」と考える人もいるのではないでしょうか?なぜこのように呼ばれていたのかと言うと、実はサラリーマンを対象とした業者が多かったことがこの呼び方が定着した要因だったんです。このことでも分かる通り、カードローンとは社会人に向けたものという印象が強くあります。
では、なぜ主な対象を社会人としているのか、答えは簡単です。社会人は職に就き、自らお金を稼いでいるからです。そしてそれは、借りたお金を返せるだけの能力を持っているということなのです。もちろん金融機関もカードローンをビジネスとして行っているため利益が出なくては意味がありません。カードローンの利益は借入期間中に発生する利息によってもたらされます。
利息は返済時に併せて支払われるため返済されることが大前提です。カードローンには担保も保証人も必要ありません。そのため、万が一債務者の返済が滞ってしまっても金融機関はどうすることもできないのです。そうなることを防ぐためにも審査があるのです。審査によって返済能力がある人か、ない人かを判断するのです。そして先程も言ったように返済能力を有しているという人として真っ先に挙げられるのが社会人になんです。では、学生はカードローンを利用することができないのかと言うとそうではありません。
社会人の多くに返済能力があるのは自ら働いてお金を稼いでいるからです。つまり例え学生であってもアルバイトやパートなどで安定した収入を得ていればカードローンを利用することができるのです。

 

学生を対象とした学生ローン

 

安定した収入があれば学生でも審査に通過する可能性があることは分かっていただけたと思います。中には社会人になってからも引き続き利用してもらおうと積極的に融資を行う金融機関もあります。決して不可能ではないことは確かです。しかし、正直言ってしまうと審査通過は困難を極めるでしょう。
理由は、学生だからです。もちろん学生でも自らお金を稼ぐことはできます。むしろ大学生ともなればアルバイトやパートなど、なんらかの形でお金を稼いでいる人がほとんどでしょう。しかしそれでも学生は学生です。本業は勉学であり、仕事ではありませんよね?幾らお金を稼いでいてもそれがいつまで続くか分かりません。卒業というタイミングで環境が一変するとも考えられます。無事に就職できるかもしれませんし、できないかもしれません。そんなふうに環境が安定していない学生よりかは、例えパートやアルバイトであってもそれらで生計を立てられている人の方が安定していると判断できるのではないでしょうか?

 

では、学生はカードローンを利用できないのでしょうか?いいえ、学生には学生を対象とした学生ローンをおすすめします。学生を対象としたローンということもあり限度額の高さは望めませんが、基本使い方自由のフリーローンとなっているため、趣味に使っても、交友費に使っても、学費や就活に使っても良いことになっています。利用条件としては20歳以上の学生(大学生、短大生、専門校生)であることと安定した収入を得られていることとなっています。
一般的なカードローンに申し込むよりは、学生ローンの方が通過の可能性があるでしょう。しかし、取り扱っている金融機関が少ないというデメリットがあります。CMなどで見かけるような大手の金融機関では基本取り扱っていません。知名度の低い、中小の金融機関を利用することになるでしょう。

 

学生ローンの利用上の注意

 

いくら学生を対象としたローンとはいっても借金をすることに変わりありません。学生だから多少の融通は利くなどと思わないようにしてください。

 

全て自己責任

 

先程にも言いましたが、カードローンは担保や保証人を必要としません。そのことが利便性の高さにも繋がっているのです。しかしその分責任は全て自分にあるということを忘れてはいけません。もちろんこれは学生ローンに関しても同じことです。返済義務があるのも、遅延した時に発生する遅延損害金の支払い義務があるのも、滞納してしまった時に取り立てを受けることになるのも、全て利用した本人です。滞納が続けば私財が差し押さえになることだってあります。何度も言いますが、これは学生ローンに関しても同じことです。あくまでも借金ということを忘れないでください。

 

使い勝手があまり良くない

 

学生ローンを取り扱っているのはほとんどが知名度の低い金融機関になります。そのため使い勝手の悪さが指摘できます。例えば、大手では一般的なATMでの借入、返済というのができません。全て銀行振り込みになります。また、申込に関しても全てのところかネット申込に対応している訳ではないので、最悪自ら店舗に赴く…なんてことも考えられます。

 

仕送りは収入外

 

学生の多くは親からの仕送りをもらっていると思いますが、仕送りは収入に含まれないため注意が必要です。たまに仕送りを含めた収入でカードローンを利用しようとする人がいますが、あくまでも自らが稼いだお金のみが収入と見なされるので、もしも仕送り込みの年収を申告し、あまりにも仕送りの担っている割合が多ければ収入の虚偽申告とも受け取られ兼ねません。注意しましょう。

 

遅延に要注意!・まとめ

以上のように学生でもカードローンを利用することは可能ですし、中には学生を対象とした学生ローンを取り扱うところも存在します。しかしその内容は一般的なカードローンと変わらず、学生だからといって融通が利くこともありません。無責任に利用するものではないことがよく分かっていただけたと思います。最後に、遅延の注意について説明しておきます。
返済日を守らない、つまり遅延をすると遅延損害金という一種の罰金が発生します。遅延損害金は遅延を始めた日から1日ごとに増えていくもので、遅延が続けば続くほどその金額も高額なものになっていきます。遅延損害金にかかる金利は通常よりも高く設定されているため、気付いたら借入残高を超えていたなんてこともあるんです。余計な支出を増やさないためにも返済日は必ず守るようにしてください。

おすすめカードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム



SMBCモビット

モビット


レディースローンおすすめNo.1

プロミス

プロミス

プロミス


学生には学生と対象とした学生ローンがおすすめですが、学生ローンにはデメリットもあるんです関連ページ

クレジットヒストリー、通称「クレヒス」って何?
銀行カードローンと消費者金融の違いとは?
主婦のキャッシング条件と審査基準
派遣社員でもキャッシングは利用できる?
パートやアルバイトなどの非正規雇用者はカードローンを利用する事ができるの?
パートやアルバイトをしていれば主婦でもカードローンは可能なの?
カードローン審査に落ちてしまうのには、しっかりと原因があるのです!
主婦がカードローンを利用する事は可能?満たすべき条件とは?
事業主という職業が原因で通過できない!?事業主にカードローンは無理なの?
高齢者の方がカードローンを利用するためには、まず年齢制限を確認しよう!
収入の全くない無職の状態でのカードローンは可能?それとも・・・
派遣職の方がカードローンの審査に通過するために覚えておきたいポイント
年金受給者がカードローンを利用するためにクリアしなければならない条件とは!?
配偶者の名義を勝手に使いカードローンを・・・そんなことできるのでしょうか?そもそもそんなことして良いのでしょうか?
債務整理を行なうと審査に通過できなくなる!?
未成年のカードローン