カードローンランキング

初めて消費者金融に申し込む場合には借入限度額は10万円〜50万円程度に設定されることが多い

初めてカードローンいくらまで?

 

消費者金融に申し込んだ場合には利用限度額(利用限度枠)が設定されることになります。利用限度額は借り入れが認められる最大限度額であり、その金額の範囲内であれば何度でも借り入れを利用することができるのです。利用限度額については利用者ごとにそれぞれ個別に設定され、具体的には職業や年収などの各種属性情報により決められることになります。多くの人の場合には消費者金融に申し込む際には、自分がどのぐらいの利用限度額を認められるのか、またその後利用限度額の増額ができるのかどうかなどが気になるかもしれません。今回は利用限度額を決定する仕組みや利用の上限などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

利用限度額は申し込みの際に審査により決められることになります

 

消費者金融に初めて申し込む人の場合には、利用限度額は10万円〜50万円程度に設定されることが多くなります。ほとんどの人の場合には10万円〜20万円程度の利用限度額が設定されることになるようです。ただしこれについては利用者ごとに異なり、30万円の借り入れを申し込んでも利用限度額が10万円しか認められない場合もありますし、逆に10万円の借り入れを申し込んだ場合に利用限度額が30万円まで認められる場合などもあります。利用限度額は申込者の属性情報に基づいて設定され、さらに実際の審査では次のような情報が重視されることになります。

 

属性情報について

 

属性情報は申込者の各種の特徴を表す情報であり、具体的には氏名・性別・年齢・職業・勤続年数・年収の額などの情報がこれに該当することになります。現在の消費者金融ではスコアリングシステムを導入して、コンピューターによる審査を行うことで即日融資に対応しています。スコアリングシステムは申込者の各種情報を数値化して審査を行う方法であり、例えば職業が公務員であれば10ポイント、自営業者であれば3ポイントなどのようにポイント評価され、評価ポイントの合計が一定以上に達していれば審査に通過することができるのです。

 

信用情報について

 

利用者のカードローンやクレジットカードなどの利用状況については、信用情報として登録が行われています。消費者金融や銀行や信販会社ではそれぞれ共同で信用情報機関というデータベースを設置して、これに利用者に関する情報を登録して情報を共有化することにより、貸し倒れの発生などを防ぐために積極的に活用しているのです。信用情報としては利用者の借り入れや返済の履歴や、さらに延滞や債務整理などの金融事故の履歴などが登録されています。カードローンやクレジットカードなどに申し込んだ際には金融機関は信用情報機関に対して情報の照会を行いますので、過去に返済の延滞をした記録などがあれば審査の際にはすぐにわかってしまうことになります。

 

他社借り入れの状況について

 

利用者の借り入れの状況については信用情報機関に登録されますので、情報の照会を行うことでどの金融機関からどれだけの借り入れをしているのかについてもすぐに判明することになります。他社借り入れの状況は審査の際に特に重視される項目なのですが、これについては消費者金融に適用される総量規制が大きく関連しています。総量規制では借り入れができる最大限度額は年収の3分の1までに制限されているのですが、この制限は他社借り入れを含めた借入総額に対して適用されるのです。他社借り入れの額が多ければ新規に認められる利用限度額は限られますし、さらに他社借り入れの合計額が年収の3分の1に達しているのであれば、新規の借り入れを申し込んでも審査に通過することはできないことになります。

 

申込者の返済能力に基づいて借り入れ限度額は設定されることになります

 

消費者金融に対しては総量規制が適用されますので、借り入れ限度額は最大で年収の3分の1までに制限されます。ただしこれはあくまでも利用できる可能性がある最大額であり、実際の借り入れ限度額は申込者の返済能力に基づいて個別に設定されるのです。例えば年収が300万円の人の場合には総量規制による借入限度額は最大で100万円になるのですが、初めて消費者金融に申し込んだ人が実際に100万円の借入限度額が認められることは少なくなります。消費者金融では利用者が返済不能に陥って貸付金を回収できなくなる「貸し倒れ」の発生を警戒していますので、これまでに利用実績がない人に対しては利用限度額を少額に設定することにより、貸し倒れによる損失の発生に備えているのです。利用限度額についてはその後の利用状況などにより増額が認められる可能性がありますので、申し込みの段階ではあまりこだわりすぎないことをおすすめしたいと思います。

 

利用実績を積み重ねて信用を獲得すれば利用限度額の増額が認められる可能性があります

 

今回は利用限度額を決定する仕組みや利用の上限などについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下のとおりになります。

 

  • 初めて消費者金融に申し込む人の場合には10万円〜50万円程度の利用限度額が設定されます
  • 総量規制により借入限度額は最大で年収の3分の1までに制限されます
  • 貸し倒れのリスクに備えるために利用実績のない人に対しては利用限度額は少額に設定されます

 

消費者金融から定期的に一定の金額を借り入れて、これを延滞することなく確実に返済するようにすれば、利用実績を積み重ねることで消費者金融からの信用を獲得することができます。消費者金融からの信用を獲得することができれば、その後利用限度額の増額が認められる可能性が高くなるのです。ただし消費者金融に対しては総量規制が適用されますので、利用実績を積み重ねて信用を獲得しても年収の3分の1以上の金額の借り入れを認められることはありません。年収の3分の1以上の金額の借り入れを希望するのであれば、総量規制が適用されない銀行カードローンなどへの申し込みを検討してみてください。

おすすめカードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム



SMBCモビット

モビット


レディースローンおすすめNo.1

プロミス

プロミス

プロミス