カードローンランキング

一部の金融機関ではおまとめローンならではの作業が求められます

おまとめローン

 

おまとめローンは多重債務の問題を解決する手段としてとても有効なものです。債務整理のように借金自体を減らすことはできませんが、かかる金利の数もかかる金利も減らすことができ、借金の管理もしやすくしてくれます。通常の借入と金額も大きく異なるため利用に億劫になっている方もいると思いますので、今回はおまとめローンの利用方法について紹介していきます。

 

おまとめローン利用の流れ

 

おまとめローンと言っても申込から借入までの流れは通常の借入と変わりませんが、異なる点もあります。おまとめローンの申込から借入までの流れを見ていきましょう。

 

利用する金融機関を選ぶ

 

まずはおまとめローンを利用する金融機関を選ぶところから始めます。銀行や消費者金融といったほとんどの金融機関がおまとめローンを取り扱っているためわざわざ探すようなことはありません。おまとめローンは高額な借金をすることになるので、できるだけ低金利の金融機関を選んだほうが得策ですが、低金利で選ぶならば銀行がおすすめです。消費者金融と比べてもその金利の低さは圧倒的です。発生する利息の量も全く異なるでしょう。ただ、通常の借入同様銀行の審査基準は厳しいと言われています。確実に高額な借入になるおまとめローンの審査は通常の審査よりも厳しいと言われているため、その辺のことを考慮するならば余程年収などに自信がない限りは銀行での利用は避けるべきでしょう。金利は銀行よりも高くなってしまいますが、消費者金融は借入までに時間がかかりません。中には即日融資も可能な消費者金融もあります。また、債務者の代理として消費者金融自らが各債権者に返済を行ってくれる消費者金融もあるので、自分のニーズにあった金融機関を選ぶのが良いでしょう。

 

おまとめローンの申込

 

利用する金融機関を選んだら申込に移ります。申込方法に関しても通常の借入と同じです。ネットや窓口、郵送や電話、自動契約機での申込も行えます。必要になるものや申込書に記述する個人情報も通常の借入と変わりません。本人確認書は運転免許証や健康保険証などが有効です。外国籍の方は在留カードか特別永住者証明書が必要です。また、高額な借入になるため収入証明書の提出も求められるでしょう。収入証明書として有効なものは、源泉徴収票や確定申告書、税額通知書や所得証明書、給与明細書などです。どれも直近のものが好ましいです。申込書は嘘偽りなく記入してください。信用情報機関への照会を行うため虚偽申告は必ずばれます。何度も言いますが、通常の審査よりも厳しめになっているので、申込を行う前にホームページの仮診断を利用しておくと良いでしょう。本審査と同じ結果が保証されるものではありませんが、通過できないと判断された場合には本審査での通過もあり得ません。

 

→おまとめ申し込むならおすすめはこちら

 

審査?審査結果の報告、契約?振込

 

申込を済ませれば審査が始まります。先程も記述した通り、消費者金融は審査に時間がかかりません。即日融資が可能なおまとめローンを取り扱う消費者金融も中にはいます。一方銀行の審査は時間がかかるので注意してください。審査結果は電話やメールで報告されます。審査に通過したら契約書にサインしてください。契約完了次第指定した口座に振り込まれます。もしくは、先程も記述しましたが、消費者金融自らが各債権者に返済を行ってくれます。

 

おまとめローンだからこその作業

 

申込から借入までの流れは以上の通りですが、借入後に行わなくてはならない作業がおまとめローンにはあります。それは、おまとめローンでの借入金を借金の返済に使ったという証明です。これは全ての金融機関で求められる作業ではありませんが、一部の金融機関ではこの証明を行わなければ即刻全額の返済を請求されてしまいます。具体的には支払書の提出であったり、ネットバンキングで返済していれば返済したことを示す画面の写真や画像などの提出で済みます。この作業が必要になるのか事前に確認しておくと良いでしょう。

 

→おまとめローンランキング

 

おまとめローンはゴールではない・まとめ

債務整理などとは異なりおまとめローンは借金自体の減額が望めるものではありません。借金の金額に変わりはないのです。だからこそおまとめローンを利用したからと言ってそこで安心してはいけません。おまとめローンはゴールではないのです。借金を抱えていることを忘れずに、その後の返済も行ってください。

おすすめカードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム



SMBCモビット

モビット


レディースローンおすすめNo.1

プロミス

プロミス

プロミス