カードローンランキング

銀行には大きなデメリットが存在します

おまとめローン

 

ほとんどの金融機関で利用できるおまとめローンですが、どこで利用するべきか迷っている人はいませんか?大きく分けて銀行か、消費者金融か、で迷っていると思いますが、この2つではメリットもデメリットも全く異なります。今回は銀行でのおまとめローン利用について紹介したいと思います。

 

銀行でのおまとめローン

 

消費者金融ではおまとめローンは通常の借入とは別の商品として取り扱っていますが、銀行では異なります。通常の借入同様、カードローンでおまとめローンも利用することができるのです。消費者金融と銀行、おまとめローンをどちらで利用しようか迷っている人は多くいると思いますが、メリットだけを見れば銀行の方が適していると言えます。では早速、銀行でのおまとめローン利用におけるメリットを見ていきましょう。

 

銀行でのおまとめローンのメリット

 

まず、銀行でのおまとめローン最大のメリットはその金利の低さです。通常の借入でもそうですが、銀行の金利は消費者金融と比べると圧倒的に低いのが特徴です。おまとめローンというのは借金を1つにまとめることにより返済の負担を軽減するためのものです。おまとめローンを利用した後の金利が利用前と変わらなかったり、増えているようではおまとめローンを利用した意味がありません。そういう意味では銀行で借金をまとめれば確実に金利を引き下げることができるわけです。金利が低くなれば発生する利息が減り、月々の返済金額も減ることになります。おまとめローン利用後に金利が引き下がるのは返済の負担を軽減するためには絶対条件なのです。2つ目のメリットは、銀行でのおまとめローンは通常のカードローンで利用できるということです。つまりどういうことかと言うと、消費者金融のおまとめローンは通常の借入とは別の商品として扱われているため、追加融資をすることができないのですが、銀行は通常のカードローンからおまとめローンを利用するため限度額の枠内ならば追加融資も可能なのです。簡単に言うと、銀行ではおまとめローンという商品を取り扱っているわけではなく、債務者がカードローンの借入をおまとめローンとして使うか使わないかということなのです。そのため、消費者金融ではおまとめローンでの借入金を借金の返済に使ったのか証明しなければならないケースもあるのですが、銀行ならば返済以外のことに費やしても問題にはならないのです。3つ目のメリットは、限度額の高さです。借金を1つにまとめるのならばできるだけ高額な借入ができる方が何かと都合が良いですよね?銀行の限度額は低いところでも500万円ほどで、これは限度額の高さが売りの消費者金融と同じくらいの金額なのです。

 

銀行でのおまとめローンのデメリット

 

以上のことからおまとめローンの利用は銀行の方が適していると言えるのです。しかし、そのためにはデメリットも考慮しなくてはいけません。銀行にもデメリットは当然あります。1つ目のデメリットは、審査の厳しさです。銀行の審査の厳しさはよく言われることですが、おまとめローンを利用するには限度額が高くなくてはいけません。消費者金融のように別の商品として取り扱っていない分、限度額が高くなくては意味がありません。既に契約している方は良いですが、まとめるためだけに契約するという方にとっては一番の難所でしょう。2つ目のデメリットは、借入までに時間がかかることです。審査時間の早さが売りの消費者金融とは違い、銀行は借入までにおよそ1週間?2週間かかります。3つ目のデメリットは、口座が必要になることもあることです。全ての銀行で必要になる訳ではありませんが、口座開設を求められることもあります。気軽にという意味では消費者金融に劣るでしょう。

 

自分のニーズにあったところで・まとめ

ここまで銀行でのおまとめローンに関して紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?銀行のメリット、デメリットを分かっていただけましたか?やはり高額な借入をすることを考えれば低金利の銀行はかなり適していると言えますが、審査に通過しなくては元も子もありませんよね?それに、いくら金利が低くても月々の返済金額が低くなったことにより借入期間が長期化してしまっては、結局余計な利息が発生してしまいます。いずれにしろ自分のニーズにあったところで利用することが最も大切です。各消費者金融、各銀行を細かく見極めてみるのも良いかもしれません。

おすすめカードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム



SMBCモビット

モビット


レディースローンおすすめNo.1

プロミス

プロミス

プロミス