カードローンランキング

むやみに債務整理を行なうのは賢明ではありません

おまとめローン

 

複数の借金と同額の借入を1社から行い、その借金から返済を行なっていくことを借金を1つにまとめると言います。そしてそれができるのがおまとめローンです。おまとめローンには幾つものメリットが存在します。ただ単に債権者の数を減らすものではないのです。

 

おまとめローンから得られるメリットとは?

 

おまとローンはただ借金を1つにまとめるだけのものではありません。おまとめローンの話をするとよく「債権者が変わっただけ、減っただけ」や「借金の金額は変わらない」というような声を聞きます。確かに言っていることに間違いはありません。新たな借金をすることに変わりありませんし、結果的に抱えている借金の金額も変わりません。それならば債務整理を行い少しでも借金を減額したほうが良いと思う方もいるでしょう。しかし、おまとめローンにもメリットはあります。1つにまとめることでそれ相応のメリットが幾つも生まれるのです。

 

→おまとめで完済を目指す

 

債務整理との違い

 

まず、先ほどにも触れた債務整理との違いについて説明させてください。債務整理は対処しきれなくなった借金問題の解決方法として真っ先に挙げられるものです。任意整理や特定調停、個人再生では債権者との交渉により借金を減額してもらうことができます。個人再生では借金を半額以上に減額することも可能です。また、自己破産を行えば私財を失うことになりますが抱えている全ての借金の支払義務を免除してもらうことができます。このように債務整理はおまとめローンとは異なり借金自体を減らすことができるため、借金返済に行き詰まっている債務者にとっては非常に有難いものでしょう。しかし、それにはそれ相応のデメリットもあります。まず、債務整理を行えば信用情報にその事が記録されてしまいます。債務整理はあらゆるトラブル記録の中でも最も悪質なものとされています。最低でも5年、最長で10年は記録が残り続け、キャッシングやローン、クレジットカード作成などの審査には当然通過することができなくなるのです。また、個人再生と自己破産に関しては、行えば官報に住所氏名が記載されることになります。官報は誰でも簡単に目にすることができるため、社会的信用を失うリスクも伴うわけです。しかし、おまとめローンの利用が信用情報に記録されることはありません。多重債務を抱えている時点で滞納などを起こしていれば話は別ですが、おまとめローンを利用してもその後の利用に影響することはないでしょう。

 

利息を減らせる

 

おまとめローン最大の特徴は利息の抑制です。借金を1つにまとめること、つまり借金をしている金融機関を減らすことはかかる金利を減らすことにも繋がります。例えば3つの金融機関から借金をしていればそれぞれの借金にそれぞれの金利がかかりますが、同額の借金でも1つの金融機関からのものであれば金利は1つしかかかりませんよね?つまり、そこから発生する利息も少なくなるということです。さらに、利息制限法により金利というものは借入金額が多ければ多いほど小さくなるようになっているのです。例えば消費者金融などの場合、「10万以下の上限金利は20%、10万?100万の上限金利は18%、100万以上の上限金利は15%」とされています。3社から総額100万円の借金をしているより、1社から100万円の借金をしている方が金利が小さいのです。

 

管理をしやすくする

 

1つにまとめることにより減るものは借入を行っている金融機関の数や金利だけではありません。返済日を減らすことにも繋がるのです。多重債務者が自力では抜け出せない原因は実は管理のしにくさにあります。多重債務者は常に借金の返済に追われています。なぜなら借金がいくつもあるからです。それぞれの返済日にそれぞれの最低返済金額を支払わなければならないため、常に借金の返済に追われているのです。しかしそれらを全て把握しておくのは並大抵のことではありません。どれか1つでも返済日を忘れてしまい遅延してしまったとします。そうすれば債権者からの催促が始まりますし、遅延したことによる遅延損害金も発生してしまい、そちらの支払いにも追われることになります。遅延損害金は1日ごとに増えていくため早く返済してしまわなければなりませんが、その間に別の借金の返済日くればそれどころではなくなります。遅延してしまえばまた遅延損害金が発生することになるからです。しかし、既に遅延損害金が発生してしまっている借金の返済にも追われています。しかし…。このように多重債務者の返済は目まぐるしいものです。今幾らの借金をしていて、次の返済日はいつかなど把握することは困難です。それが新たな借金を生むことにも繋がるのです。しかし、おまとめローンで返済日も1つにまとめてしまえばそんなことにはなりません。1つの借金の返済に集中すれば良いので、借金の管理が非常に楽になるのです。完済の見込みはおまとめローンを利用した後の方が遥かに高いと言えるでしょう。

 

銀行と消費者金融の違い・まとめ

おまとめローンのメリットについて分かっていただけましたか?借金の返済に行き詰まったら直ぐに即債務整理と考えている人もいるようですが、あまり賢明な判断ではありません。債務整理は最終手段と考えください。まずはおまとめローンの利用をおすすめします。おまとめローンはほとんどの大手金融機関が取り扱っているものです。銀行は低金利が売りですが審査基準な厳しめなのはよく言われることです。消費者金融は借入までの早さが売りです。おまとめローンでも即日融資が可能な消費者金融も中には存在します。いずれにしても、自分のニーズに合ったものを利用するが1番良いでしょう。

おすすめカードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム



SMBCモビット

モビット


レディースローンおすすめNo.1

プロミス

プロミス

プロミス