カードローンランキング

おまとめローン特有の必要書類?

おまとめローン

 

おまとめローンは通常の借入とは異なり高額な借入となります。何か特別な条件があるのではないか、と心配している方も多いことでしょう。今回はおまとめローンの利用に必要な条件を紹介していきます。

 

おまとめローンの利用に必要な条件

 

おまとめローンの利用に必要な条件は通常の借入とあまり変わりませんが、異なる箇所もあります。また、消費者金融を利用するか、銀行を利用するかでも若干異なると箇所があるので覚えておいてください。まず、最低限の条件としては満20歳以上であることと安定した収入源が確保できていることです。これは通常の借入同様の条件です。次は必要書類についてです。これも通常の借入同様、本人確認書は絶対に必要になります。また、通常の借入では不要なことが多いですが、おまとめローンは高額な借入になるため収入証明書も用意しておいたほうが良いでしょう。本人確認書として有効な書類は以下の通りです。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • マイナンバーカード

 

外国籍の方は在留カードか特別永住者証明書が必要になります。収入証明書として有効な書類は以下の通りです。

 

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書

 

できるだけ直近のものが好ましいです。直近2ヶ月分をまとめて提出できると良いでしょう。また、賞与明細書があるならば併せて提出しましょう。因みに、収入証明書として最も効力があるのは納税証明書です。国税庁に交付請求手続を行えば取得することができます。本人確認書と収入証明書は通常の借入にも必要な書類ですが、次のものはおまとめローン特有のものです。それは借入状況を証明する書類です。おまとめローンは他社の借金をまとめるものなので必要になるのです。利用明細書を提出できるのが最も好ましいのですが、できなければWEB明細のコピーなどでも大丈夫です。スクリーンショットなどでも可能なところもありますが、詳しいことは直接相談したほうが良いでしょう。以上がおまとめローンに必要な書類です。次に銀行でのおまとめローンに必要なものを紹介します。それは、利用する銀行の口座です。全ての銀行が必要条件として挙げている訳ではありませんが、口座の開設を求める銀行もあります。

 

→おすすめのおまとめローンランキング

 

おまとめローンの審査を不利にするもの

 

おまとめローンは通常の借入と異なり確実に高額の借入をすることになります。そのため、通常よりも審査基準が厳しくなっているとも言われています。審査通過をより確実なものとするために、審査を不利にするものを確認しておきましょう。まずは信用情報のトラブル記録についてです。当然ですが、通常の借入同様トラブル記録があれば審査に通過することはできません。遅延記録ならまだしも、長期の滞納を示す異動記録であったり、債務整理の記録があれば審査通過は不可能です。また、短期間に複数の申込記録があってもアウトです。知っている方もいると思いますが、キャッシングやローンなどは申込をしただけでもその事が信用情報に記録されてしまい、短期間に複数の申込記録があると「お金に困っている」と判断されて審査に通過することができなくなります。申込は一定期間を空けて行うほうが好ましいです。次に借入状況についてです。おまとめローンを利用するため他社での借入があるのは当然ですが、ありすぎると審査に通過できなくなります。通常の借入審査とは異なり、他社での借入が3、4件あっても問題にはなりませんが、5件以上となると問題です。可能な範囲減らしておいたほうが良いでしょう。

 

事業資金には使えない・まとめ

おまとめローンの利用条件について分かっていただけましたか?ほとんど通常の借入と変わりませんが、借入状況を証明する書類など異なる条件もあるので注意してください。また、おまとめローンでの借入金は事業資金などに使うのは禁止されています。一部の消費者金融では借金の返済に使ったのか、証明を求めることもあります。その際は利用明細書など、振り込みを証明する書類を提出しましょう。

おすすめカードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム



SMBCモビット

モビット


レディースローンおすすめNo.1

プロミス

プロミス

プロミス