カードローンランキング

上手にお金を借りたなら上手に使いこなそう

お金の使い道

 

人の生活の区切りとしては1ヶ月という期間が良く使われます。一ヶ月というのは短い期間のようですが実際には様々な出来事があります。日々欠かすことなく行っていることもたくさんあるでしょう。そんな中で一ヶ月に人がどのぐらいのお金を使うのかについて考えてみたいと思います。人が一ヶ月の間で全くお金を使わずに暮らすというのは無理な話です。普通の生活を普通の家庭で営む場合には、食費や光熱費や家賃など毎月必ず発生する出費がたくさんあるからです。これらの費用については人が生きているうえで不可欠なものですし、時に急な出費が必要になりこれらの基本的な支出に当てるための分が不足すると問題になりますので、一時的な支出については他を削って捻出するよりもキャッシングなどを利用して充当し手堅く返済したほうが楽な場合も多いかもしれません。ですがこうしたお金について、一時的でなく日常的にキャッシングなどを利用してやりくりしているとなると感心しません。現代ではカードキャッシングなどを手軽に使うことができますが、だからといってそれを財布や銀行口座のようなつもりで使っていると後で困ることになるでしょう。

 

継続的な利用で残高は増えていきます

キャッシング枠の現在の使い方だと、お金を借りた場合にまだ追加で利用できるキャッシング枠が残っていれば追加で借入をすることが可能です。ですから「また今月も苦しいからちょっとだけ追加で借りておこう」という使い方も可能なのですがこのような使い方は危険です。
リボルビング払いという支払い方法がキャッシングにはありますが、これは月々で決められた支払い金額を返済していけばよいというもので、利用可能残高が残っていれば利用できるカードキャッシングとは相性のよい支払い方法です。リボルビング払いで毎月返済をしながら足りない分を少しずつ追加で借り入れていれば、プラスマイナスゼロで特に問題がなく利用ができているかのように思えるでしょう。

 

しかし実はこの場合月々の返済が5千円の場合に追加で1万円借り入れたりしていくと、差額の5千円と金利分が残高に加算されます。なのですがリボルビング払いで毎月返済しているから大丈夫だと安易に考えて「足りなくなったらまた借りればいい」と感覚が麻痺してくることになります。これを続けることで支払い残高が少しずつ加算され、最終的には利用限度額いっぱいまで利用していたなどという事態にもなりかねません。これは利用可能残高があれば月々の支払いが少ないことから気軽に利用できるというキャッシングの悪い面であり、結果的に利用者の感覚以上の借入残高になってしまうということになります。

 

一度利用したら完済まで追加利用しないという選択もある

以前の一般的な借入やフリーローンでは借入の後は返済するだけでしたが、現在のキャッシングの場合は、自分の都合に合わせた自由な利用ができますからとても便利なものだといえます。ですが便利である分自制心をもって利用しないと便利なはずがかえって苦しくなるという場合もあります。ですから一度借りたら返済を完了するまでは追加の借入はしないという判断もある意味必要になるかもしれません。便利なキャッシングですが、本当に便利に使えるかどうかは利用する人の心がけ次第になりますので気をつけましょう。

キャッシングして何に使う?お金の使い道記事一覧

消耗品にキャッシングを使うのはどうでしょうか?

消耗品のキャッシング 有名なキャッチフレーズに「ものより思い出」というのがありました。貴重な体験や出来事というのは、確かにお金でだけでは得られませんね。とはいっても何かを体験するためにもお金が必要であることは確かです。最近は不況のせいか、相対的に自由に使えるお金も減っていますし、そんな体験などにお金を使おうという心の余裕...

≫続きを読む

 

給料日前のピンチをキャッシングを利用して乗り切る!

給料日前のキャッシング 給料日前になってくると「お金が足りない」「節約しないと生活できそうにない」といった場面に陥ることは多々あります。そんな時に限って、出費が続いてしまったり、欲しいものが出てきたりと困ってしまう事態が起こるものです。もしも、給料日前の金欠に陥ってしまったら、上手にキャッシングを利用することも検討してみて...

≫続きを読む

 

限定品などショッピングの場面は即日キャッシングが便利

限定品のためのキャッシング 自分が好きなブランドから限定品が販売されている。けれど今は手持ちのお金が足りない…。そんな時、これまでだったら諦めるしかない、もしくはオークションなどに出品されるのを待つしかありませんでした。しかし、限定品はその時に購入するから価値があるわけで、後から購入しても価値が下がっていたり、持っている意味が...

≫続きを読む

 

公共料金が払えない!滞納扱いになる前にキャッシングで回避!

滞納 電気代やガス代、水道代など私達は月々必ず公共料金を支払っています。もちろん毎回きちんと支払うことができればそれに越したことは無いのですが、何らかの事情でお金が足りなくなってしまい、公共料金の滞納をしてしまうこともありますよね。公共料金は滞納してしまうと提供されなくなってしまいます。例えば水道代を滞納...

≫続きを読む

 

クレジットの滞納が起こりそうになったらキャッシングで急場をしのぐ!

滞納 ついついクレジットを使いすぎてしまい、支払い額が用意できない!クレジットカードあるあるですが、滞納扱いになってしまうとそのうちブラックになってしまうかもしれません。一度クレジットカードブラックになってしまうと、クレジットカードはもちろんですが、銀行の目的別ローン(住宅ローンやマイカーローンなど)にも...

≫続きを読む

 

株やFXで追証が払えない!ロスカット回避はキャッシングで

キャッシング使い道 株の信用取引や、FXのレバレッジによる取引を行っているときに「追証」が発生する場合があります。もしこの追証を支払うことができなかったら、これまでの取引が全てチャラになってしまうだけでなく、そのまま赤字になってしまう可能性が高いですよね。なのでトレーダーにとって、追証はいかにして回避するか、あるいは直...

≫続きを読む

 

学費や授業料が払えない!キャッシングで支払うのはありか?

キャッシング使い道 学費や授業料の支払いのために奨学金、教育ローンを活用している方はたくさんいらっしゃいます。しかし、これらは厳しい審査をクリアしなくてはならないため、誰でも絶対に使えるわけではありません。もちろん、返済期間だったり、利子だったり、といった部分を考えれば、をまずは奨学金、教育ローンを最初に検討するのが正...

≫続きを読む

 

家賃を滞納すると家を追い出されるピンチ!キャッシングで切り抜けよう

キャッシング使い道 毎月安定した収入があったとしても、思わぬ出費が続いてお金がピンチになることもありますよね。そういった金欠時に特に気になるのが「固定費」の支払いです。そして固定費の中で最も大きな金額となるのが「家賃」ではないでしょうか。住んでいる地域や居住形態にもよりますが、数万単位から10数万単位の支払いになるので...

≫続きを読む

 

引っ越し代が足りない!キャッシングを上手く活用してスムーズな引っ越しを!

キャッシング使い道 引っ越しにかかるお金は当初予定していたものよりも大きくなってしまうことの方が圧倒的に多いです。そもそも引っ越しにかかる金額は相当大きいですよね。なので簡単にできるものではありません。しかし、転勤など自分の理由ではなく、止むを得ない事情で引っ越しをしなくてはならないこともあり、あらかじめ資金を用意でき...

≫続きを読む

 

結婚式代が足りない!?ブライダルローンが厳しいときはキャッシングを上手く利用しよ...

ブライダルローン 結婚が決まって、結婚式を挙げたい。けれどお金がない。結婚式の平均的な相場としては300万円から400万円くらいと相当な金額になります。もちろんご祝儀などがあるので全てを負担しなくてはならない、というわけではないのですが…。結婚式代の半分は新郎新婦が負担して、残りはご祝儀や親からの援助でまかなうケース...

≫続きを読む

 

急な飲み会や誘いがあるのにお金は無い!そんな時こそキャッシングが心強い!

飲み会のためにキャッシング 今月はお金が厳しい…なのに飲み会などの誘いがある…。誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。もちろん「お金がないから行けない」と断ってしまうこともできるのですが、相手によってはそれも難しいこともありますよね。かと言って周りの人たちにお金を借りるのは考えものです。もちろんきちんと返せば良い...

≫続きを読む