カードローンランキング

公共料金の滞納はライフラインの停止に繋がるかも!キャッシングでやりくり

公共料金の滞納

 

電気代やガス代、水道代など私達は月々必ず公共料金を支払っています。もちろん毎回きちんと支払うことができればそれに越したことは無いのですが、何らかの事情でお金が足りなくなってしまい、公共料金の滞納をしてしまうこともありますよね。
公共料金は滞納してしまうと提供されなくなってしまいます。例えば水道代を滞納していれば、いずれ水道水が使えなくなってしまいます。そうなると飲み水はもちろんですが、シャワーやトイレの水ですら使うことができなくなってしまいます。日常生活に支障をきたしてしまいますね。もちろん電気代やガス代も滞納すると提供ストップになるのでまともな日常生活を送るのが難しくなってしまいます。
公共料金も滞納してからすぐに供給がストップされるというわけではありません。大体一度は「督促状」が届き、その段階で支払えば全く問題はありません。場合によっては延滞料が加わってしまうこともありますが…。
なので、もし公共料金の滞納をしている場合、督促状が届いた時点でどうにかして支払えるようにしなくてはならない、と言えるでしょう。とはいえ、お金に余裕がなければ公共料金を支払うこともままなりません。

 

電気・ガス・水道・スマホ代滞納して止められる前にキャッシングで一時しのぎ

ではどうするべきなのかというと、こういったときにこそキャッシングを上手に活用するべきだと思います。もちろん、毎月公共料金の支払いに困っているようであれば、キャッシングを使ってもその局面を乗り切るのは難しいかもしれません。ですが、たまたま出費が続いてしまった…と言った返済のメドが立っている状況でならキャッシングによる短期的な借入は上手な活用方法だと言えます。

 

最近だと即日振込、最短30分程度で借入できるキャッシング業者もたくさんあるので非常に便利です。また最近だと低金利、無利息で借入できるところが多いのでこれらも視野に入れておきたいところです。一定の収入さえあればパート、アルバイトでも審査に通るので、気軽に審査を受けてみてはいかがでしょうか。

おすすめカードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム



SMBCモビット

モビット


レディースローンおすすめNo.1

プロミス

プロミス

プロミス